(独自予想)日経平均の下落はいつまで続くのか

いつまで続くのやら。でもそう長くは続かないと思います。

 

サウジアラビアのジャーナリスト、カショーギ氏が在トルコ サウジアラビア総領事館で殺害されたと見られる事件。

 

これに反発したのが欧米各国。

 

トランプ大統領は本心は重要視していないと思うが、立場上、重大な懸念を表明せざるを得ない。「厳しい制裁を与える!」と発言し、サルマン国王が報復措置を示唆。緊張が高まっている様子です。

 

もしトランプが制裁を発動し、サウジアラビア王室のドル資産を(本気で)凍結し、これに対しサルマン国王が報復としてアメリカからの投資を(本気で)一部引き上げした場合、世界大幅株安が発生するものと思われます。

 

日本では、サウジアラビアから巨額の出資を受けているソフトバンクが、そして同社のメインバンクであるみずほ銀行の暴落を引き金とした日経大暴落が起こるかもしれません。

 

しかし!!

 

おそらく、これらの事は起きないと考えます。

なぜなら、

 

・もともとトランプ大統領は他国の人権に興味がない。

トランプ大統領中間選挙までに株価を上げたい。

・富裕国サウジアラビアから投資を引き出したい。

 

からです。

この後殺害の音声が表に出た当たりをピークにゴタゴタは続くものと思われますが、収束していくものと思われます。おそらくダウは反転していく事でしょう。

 

裏ではトランプ大統領とサルマン王子の間で話はついているかもしれません。

 

最後に、この事件を通じて思い出したのが、

柏木昭男氏の惨殺事件(未解決事件)でした。

smart-flash.jp

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

↓↓↓下のバナーをクリックいただけると大変嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村